宗派別の豆知識

北海道から九州までを網羅する全優仏は総店舗数120・総売上300億円・総社員1,500名・40直営工場に及び、共同仕入れにより「よりよい品をより安く」を実現しています。

宗派が違えば、

仏事に関する作法や決まり事も異なります。

ここでは宗派ごとの疑問をご紹介します。

ただし、宗派が同じでも、地域ごとに

作法が異なる場合があります。

真言宗編

日常礼拝のしかたを教えて下さい。

1.朝起きたら

お仏壇を掃除し、お灯明をともし 線香や仏飯・茶湯をお供えします。

線香は三本供えます。

2.リン

まず、リン(カネ)を打ちます。

3.合掌・礼拝

姿勢を正して合掌礼拝します。

「光明真言」か「南無大師遍照金剛」の宝号を 唱えます。

4.到来物のお供え

いただきものをしたら、お仏壇へお供えする習慣をつけましょう。

5.就寝前に

寝る前にも合掌礼拝し、火元を確認して扉を閉じます。

 

お数珠とそのかけ方について教えて下さい。

念珠は大切な法具ですから、家族ひとりひとりが かならず持ちましょう。

自分にふさわしい、あまり粗末でない品をえらぶことが大切です。

真言宗の数珠

真言宗の数珠

かけ方

真言宗の数珠

 

年中行事はどんなものがありますか?

正御影供

弘法大師ご入定の日、三月二十一日に大師の御尊像(御影)を前に行われる法会です。

毎月二十一日を御影供といい、昔から「お大師さまの日」として、人々は大師参りをしています。

仏生会

お釈迦さまがお生まれになった四月八日に、そのご誕生をお祝いする行事で、お花まつりといいます。

大師誕生会

大師ご誕生の六月十五日に行われるお祝の法会です。

報恩講(十二月十二日)

愛ちゃんは全優仏の

キャラクターマークです

愛ちゃん