仏事あれこれ

北海道から九州までを網羅する全優仏は総店舗数120・総売上300億円・総社員1,500名・40直営工場に及び、共同仕入れにより「よりよい品をより安く」を実現しています。

仏事あれこれ

お墓について

お墓は家の家計図

核家族化が進み、「先祖代々」という感覚が最近はうすらいでいますが、先祖がいなければ現在の自分は存在しないのですから、「お墓」の概念は消え去ることはないでしょう。
ご先祖への供養の気持ちをかたちに表したものがお墓です。
現在の住宅事情以上に難しい問題である「お墓」。買い替えたりするようなものではありませんから、諸事の進行は家族や兄弟みんなで相談して決めましょう。

 

墓地にもいろいろあります

墓地には菩提寺の墓地、公共の墓地、民間経営の墓地などがあります。
墓地を選ぶ目安としては、予算、スペース、交通の便のよさ、管理のあり方、また、縁が豊富にあるか、などがあります。
公営墓地は値段も安く安心できますが、当然希望者も多いので自分に順番が回ってこないということも考えられます。ですが、せっかく申し込みの資格があるのなら、応募してみるべきでしょう。

 

墓石の建立時期

だいたい一周忌、三回忌などの年忌の前後に建てるのがふつうです。遅くとも二、三年中には建てるようにしたいものです。年忌以外の場合は、春秋のお彼岸かお盆にすることも多いようです。

 

墓石を建てるには一、二ヶ月必要

墓石を建てる前に、業者と墓石の質や大きさ、形、刻字の内容などについて相談します。
墓石の石材として多く用いられているのは、おもに「安山岩」と「花崗岩」です。
灰色の安産岩は一般向きですが、御影石とも呼ばれる花崗岩は安山岩よりやや冷たい感じです。それぞれの産地によっても色が異なります。
墓石の値段は、原石の種類、大きさなどによってちがってきますが、最近では既成の手頃な価格のものもあるようです。なお、建立には製作および工事期間として一~二ヶ月要します。

 

墓石が建ったら入魂式と納骨を

墓石を建立したら、僧侶と親戚の人たちを招いて納骨と開眼法要を行います。
墓前には線香と供物を供え、読経、除幕、焼香などを行い、法要とおなじく会食を行い、墓石建立を祝います。

 

永代納骨

世相を反映して、最近では合葬式の納骨堂が建設され、そこに永代納骨する場合もあります。この場合は今までのお墓とおなじように法要もできます。

愛ちゃんは全優仏の
キャラクターマークです

愛ちゃん